披露宴のドレス選びはこだわりつつも柔軟に

結婚式で純白のウェディングドレスを着て、披露宴では1~2着お色直しというパターンが定着しています。いずれにしても、数ある衣装の中からお気に入りのものを選ぶのは、楽しくもありなかなか苦労するものです。様々な雑誌やカタログを見て候補を上げるものの、試着してみるとどうもしっくりこないということが幾度となく繰り返えされることでしょう。特に披露宴用のカラードレスは、色によって印象が全く違ってくるのでさらに決定が難しくなります。普段自分がよく着ている色や好きな色が、何だか似合わないように感じたりすることもあります。結婚式や披露宴でのドレスは、これまでの自分の趣味や趣向を一度取り払って選ぶ方がスムーズにいくことが多いようです。似合わないと思っていた色やモチーフが新郎や母親に絶賛されたり、衣裳係の人のアドバイスしてくれたものが一番似合っていたりと、予想もしていなかった衣装に落ち着いたりするものです。あまり自分の好みに執着せず、周りの意見も柔軟に取り入れる方が、最終的には一番いい選択ができます。もちろん、自分のこだわりを捨ててしまったが為に後悔することは一番よくありません。こだわりつつも柔軟にという姿勢が大切です。

披露宴でドレスを着る時のマナー

披露宴に招待された時に、若い方は特にドレスを着用されている方が多いです。ドレスにもマナーがあるのはご存知でしょうか。花嫁より目立ってはいけないというのは、ご存知の方が多いと思います。だからといって、まるで喪服のような黒づくしの装いは、ふさわしく無いですので華やかなアクセサリーや小物をプラスする事をおすすめします。光物のアクセサリーは付けないほうがよいですので、ゴールドやシルバーなど光すぎでないものをプラスして下さい。華やかな装いでも、昼間の披露宴では控えめにするのがマナーです。よくミニスカートや肩を出したスタイルのものを着用している方を見かけますが、ふさわしくないですので気をつけて下さい。足元に関しては、時代と共に変わってきましたが、サンダルやミュールは厳密に言えばマナー違反となってしまいます。つま先の見えない、ヒールのあるタイプが無難です。気に入ったドレスや靴を着用するのもとても素敵な事ですが、マナー違反になってしまっては、恥ずかしい思いをしてしまいますし、せっかくの素敵な装いが台無しになってしまいます。マナーを知り、ふさわしい装いで素敵な女性に変身し披露宴に参加していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です