披露宴に出席する際のドレス選びは慎重に行おう

結婚式の披露宴に招待された場合、服装選びにもマナーはあるので、男女とも気を付ける必要があります。一番の重要ポイントとしては、主役は新郎新婦である事を忘れないで、主役を引き立てつつ、華やかさと美しさを意識したファッションにする必要があります。そのためには、着る色にも気を付ける事が大切です。黒をメインとする服装、白をメインとする服装は避け、清潔感のある服装にする事が大切です。また中には、平服を指定される場合がありますが、これは、いかにもパーティーですといったような服装で行くと自分だけ浮いてしまう事があります。その場合には、よそ行きの服装で、お洒落をして出かけるようにします。この平服は、普段着でいいという意味ではないので気を付けるようにします。では、披露宴に出席する際の女性のドレスのポイントとしては、まずドレスの長さはひざ下位がベストです。ミニスカートは2次会ではいいですが、披露宴では避けます。袖については、昼間に行う時間帯であれば、肩を出すのはよくないです。そのため、ストールやボレロで肩を隠すようにします。ドレスの素材につては、シルクやサテンが一般的です。冬はべロアなどにしてもいいです。このような事に注意して、着ていく物を選ぶ事が大切です。

挙式と披露宴の形式やドレスに関して

結婚式は豪華なパーティーを想像するものですが結婚が家と家を結びつけることや両親たちにとっても意味を持っているものです。近年では親しい友人や知人を招いた祝福してもらう結婚式も増えましたがやはり両家の宗教の違いなどもありますから良く話あい納得した披露宴にする事が大切です。披露宴の形式は招待客の人数や年齢に合わせたスタイルも考えると年配者や地方からの参列者が多数の場合は和風を取り入れたり比較的若い年代が多ければパーティー形式にして洋食にするケースも多いものです。挙式と披露宴の形式が決まればパンフレット等でも検討していくつかの候補まで絞り最終決断という流れになります。パーティー形式ではドレスは貸し衣装という方も多いものですが式服を選ぶ際には新郎新婦が揃って選ぶようにします。シーズン中は貸し衣装の利用客も多いため早めに予約するのが大切です。場所により異なりますが祝日や土日に希望のものが利用されているケースが多い傾向にある為、平日に選ぶ方が希望のドレスなどを予約出来る可能性が高いものです。また一生に一回だから自分のものにこだわる方はオーダメードで用意したり既製品でも様々なドレスがありますから費用に応じて揃えるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です