披露宴でのドレスを決めること

披露宴で着るドレスを決めることは、女性にとって一番楽しい作業であると同時に、一番の悩みどころでもあります。式では主に新婦が主役であり、その主役である新婦を引き立たせる一番の役割を担うことになるからです。そのため、自分に合う色はどんな色なのか、形はどういったものが合うのか、それを探すために多くの女性は時間をかけてたくさんの試着を行い、その中で一番気に入ったものを選びます。ウェディングの雑誌などにも、身長別でどういったデザインのものが似合うのかなどのチャートがあるので、そういうものを利用すると便利です。披露宴は、そういった努力の集大成でもあります。平均的に新婦は1~2回のお色直しをしますので、それに伴い、着用数も増えるということになります。最近では和装を行ってから洋装に着替えるというケースも増えていますので、着脱の時間の点でも、ドレスをどういったものにするかということは考慮の対象となります。形が少し変わったものだとその分時間もかかります。主役である新婦が長く離席することはゲストを退屈させかねない事態となりますので、その点からもデザインを考慮すべきでしょう。華やかな式の主役として、自分に一番に似合ったドレスを着ることは、一生の思い出に残る幸せな瞬間です。

新郎新婦の母親の披露宴でのドレスの選び方

結婚式・披露宴の主人公は、なんといっても新郎新婦です。招待された場合は、新郎新婦よりも控えめで尚且つ二人を引き立てながらも華やかで美しいファッションをこころがけなければなりません。なかでも、新郎新婦の両親は我が子の大切な晴れの日であるので、親族として品のある装いをしたいものです。和装にするか洋装にするかは、無理して周囲に合わせる必要はないので、着やすいほうをえらぶといいでしょう。以前は、新郎新婦の両親といえば、和装が当たり前でした。しかし、近年は多種多様な披露宴があり、その装いもさまざまになってきました。新郎新婦の母親の場合も、和装より洋装を選ぶことが多く見られます。どのようなドレスを選べばいいかというと、袖がついているもので丈はくるぶしまでのロングドレスが一般的な昼間の正装です。白色やオフホワイトなどの白っぽいカラーは避けたほうがいいです。昼間の場合は、コサージュやパールなどの光らないアクセサリーをつけると華やかさが増すでしょう。そして、バッグは小型のパーティー向けの物を選び、靴はヒールが3センチ以上の品のあるパンプスが基本です。しかし、あくまでも母親であることを意識して、上品な華やかさを大切にし、バランスのとれた装いで、二人の新しい門出をお祝いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です