女性の披露宴のドレスについて

披露宴に招待してもらうと、女性の場合は何を着て行こうか考えると思いますが、簡単なルールを説明したいと思います。まず、一番NGな服装は白いドレスを着る事です。これは披露宴会場で花嫁と被ってしまうからです。薄いベージュや、グレーも会場が暗くなった時に白と間違われてしまう可能性があるので、裂けた方が無難です。その次は、黒いドレスですが、こちらは着る人にとっては無難でスタイルも良く見えるので良いのですが、結婚式に華を添えるという意味ではNGです。黒いドレスの人ばかりだと、おめでたい感じが薄くなってしまいます。可能であれば、カラーのものや、キラキラしたものを身につけると会場が華やかになって、お祝いの気持ちが表せます。また、肩を出すか出さないかは、披露宴の時間帯に関係します。午前中のお式の場合、フォーマル度が高いので、肩は出さない方が良いです。肩を出すとカジュアルな印象なので、フォーマルな場ではスカーフやカーディガンなどを羽織って隠すのが良いです。逆に夜の場合は、カジュアルになるので肩を出した方がお洒落な印象です。上記のポイントを押さえて、花嫁さんをお祝いする気持ちがあれば、自分のお気に入りを着て良いと思います。

披露宴で着用するドレスの選び方

結婚披露宴は人生にとって大きな晴れ舞台となります。友人や上司、親戚に招待をされた際、どのようなドレスを着用するのが、適切でしょうか。まず、最低限守らなければ、ならないことはドレスの色です。結婚披露宴の主役は、あくまで新郎・新婦である為、新婦が着用するであろう、ウエディングドレスのホワイトカラーは、必ず避けましょう。また、華やか過ぎたり、地味すぎるのも目立ってしまうので、あくまで新郎・新婦を引き立てるような、さわやかなカラーのドレスにするのが適切でしょう。次に価格帯はどれぐらいの物が良いのでしょうか。これに関しては、着用する人自身の年齢層にも反映されるかもしれませんが、年間の使用する回数を考えて、あまり無理のない金額が良いでしょう。更に、学生時代の友人や会社の同僚が立て続け結婚した場合は、出席者も同じような人になるわけですから、あまり無理のない金額の物を何種類か準備しておくと良いでしょう。あくまで、主役は新郎・新婦ですが、やはり女性として晴れの日には、綺麗な格好をしたいものです。ファッションが靴からという方もいますが、靴が上品でセンスあるだと、とても洗練されたおしゃれが感じられます。靴であれば、特別目立つこともないですし、衣装と一緒に全身でコーディネートすることが、全体のバランスがとれて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です